地域の集会所を斎場として利用

地域の集会所を斎場として利用

地域の集会所を斎場として利用 葬儀を執り行う場合には一般には民間のセレモニーホールを借り上げて斎場として利用することが多くなっています。葬儀をするためにふさわしい設備や物品が最初から備え付けられている上に、駐車場も広く立地も良好といった、参列者にとっても便利な点が評価されていることが理由です。しかし地域によってはセレモニーホールを使わずに、市役所や自治会、マンションの管理組合などが管理している集会所を斎場として利用することもあります。
この場合のメリットには、民間のセレモニーホールなどと比較して使用料がきわめて安いか無料になっていることと、亡くなった人が生前に住み慣れた地域にあるために参列者の移動の負担も少ないことが挙げられます。ただし注意しておきたいのは、集会所のなかには内部で葬儀を執り行うことを許可していないケースがあることです。また許可以前の問題に、斎場利用を想定せずに設計されているため、僧侶や親族の控室などの適当な設備が不足していて物理的に利用が不可能ということもあり得ます。

斎場を借りずに自宅でセレモニー

斎場を借りずに自宅でセレモニー 葬儀の方法にはさまざまな選択肢があり、自宅葬も有力な選択です。この方法は、斎場を借りずに自宅で故人を偲ぶスタイルです。故人が長年の闘病生活の影響で、自宅に帰ることができないまま他界してしまったというケースでは相応しいタイプの葬儀と言えます。このタイプの葬儀は、斎場での葬儀よりも故人とのお別れに時間をかけることができるメリットがあります。他人の目を気にする必要がほとんどありませんから、思う存分に故人のことを考えながら涙を流すこともできます。故人を一緒に過ごした家族で囲み、アットホームなセレモニーを行うことも可能です。斎場での葬儀に比べるとコストがかからない点も魅力です。

注意しなければならない点は、近所への配慮が必要になることです。葬儀を行うには、祭壇や遺体を運び、霊柩車を待機させなければなりません。つまり、近所にバレないように行うことは事実上不可能です。したがって、あらかじめ、葬儀を行う旨を伝達しておくべきです。