葬儀社直営の斎場

葬儀社直営の斎場

葬儀社直営の斎場 斎場にはいろんな経営主体があります。
自治体が運営していることもありますし、寺院が運営していることもありますし。
そして、葬儀社が運営しているところもあります。
葬儀社がやっている斎場は、料金が他の場所に比べてリーズナブルに利用することが出来るのがメリットです。
これは遺体を安置するスペースも確保しているので、安置から出棺まで一貫してその場で済ませることが出来ます。
そのため、故人を送り出すまでゆったり過ごすことができるというメリットもあります。
また、手配をする手間が省けるので円滑になるところも良いでしょう。
全てセットでおまかせすることが出来るからです。
料金も、事前にいくらと定まっているところであれば、すべてその料金の範囲内で行うことが出来るので、お金のことも計画をたてやすいことになります。
ただ注意点としては、業者によって追加料金が発生する可能性があるため、事前に料金のことは確認しておくべきでしょう。

寺を斎場として利用

寺を斎場として利用 葬式をする際にやらなければならないことの一つに、通夜と告別式を行うための斎場選びがあります。
近年は、ホール形式の斎場で執り行われるケースが多いですが、死亡者もしくはその遺族の中に仏教の何らかの宗派に属している人がいるのであれば、お寺を斎場に利用するのも選択肢の一つとなり得ます。
お寺での葬儀は基本的には本堂で行われます。
本堂には本尊仏の像をはじめ、いろいろなものが安置されており、ホールよりはるかに厳かな雰囲気の中で葬儀がすすめられていきます。
葬儀費用はお布施として支払うことになるため、ホールで執り行う場合よりは寺院間の料金の差は大きいですが、安い所だとホール葬の半分以下の費用で行うことができる場合があります。
しかし、費用面が重視されてこの形式が選ばれることは少なく、大抵は親やその前の代から檀家としてお世話になっている関係があって、葬儀がホールを借りるほどの規模にはならない場合に選択されています。